指扇サッカー少年団

さいたま市西区で活動する大宮指扇サッカースポーツ少年団のオフィシャルサイト

2015年2月8日 5年生の公式戦はBチームが躍進!

 

みなさん、こんにちは。

 
本日は西区の西遊馬運動公園におきまして、さいたま市北部少年サッカー新人大会「埼玉新聞社旗争奪大会」が開催されました。私たち指扇サッカー少年団は、5年生AおよびBの2チームで参加致しました。
 

f:id:sashiogisoccer:20150208234704j:plain

 
今回の大会は8人制で行われています。近年、サッカー人気が高まっている影響からか指扇も入団者が増えており、現在5年生の団員は18人もおります。
 
日々の練習ももちろん重要ではありますが、やはり試合に出ることで学ぶことも沢山あります。(何より試合は楽しいですからね!)
 

f:id:sashiogisoccer:20150208234819j:plain

 
しかし、8人制のゲームでは試合に出られる人数も限定されてしまいます。そこで、一人でも多くの子どもたちに試合を経験して貰うため、今回は4年生2名を加えて2チーム編成でのエントリーとなりました。
 
思えば、ほんの数年前まではなかなか団員を増やすことが出来ず、苦労していたのが嘘のようです。とは言え、父兄のみなさんにも負担をお掛けする事になり、心苦しい思いもあるのですが、試合に出て頑張っている子どもたちの姿を多く観ることが出来るのは、やはり嬉しいものです。
 
またそこにはAチーム入りを目指して競争も生まれます。これからのみんなの成長がとても楽しみです。
 
さて、ゲームの方はまずBチームが10時20分から、日進Bと初戦を行いました。今回はトーナメント方式でゲームが行われます。
 

f:id:sashiogisoccer:20150208234856j:plain

 
両チーム実力が拮抗しており一進一退のゲーム展開でしたが、ゴール前の混線から上手くシュートブロックする事が出来ず、先制のゴールを許してしまい、そのまま前半を終了します。
 
しかし、ここから意識が変わったのか、全員がしっかり走ってディフェンスをするようになり、最終ラインで奪ったボールを中盤の選手が前に蹴ってBチーム自慢の?快速ツートップに預ける戦術が徐々に形となって、ついに4年生松尾君のゴールで同点に追い付きました。
 
その後キーパーの好セーブもあり、チームの雰囲気も盛り上がりを見せる中、1点目と同じような形で松尾君が抜け出し2点目、さらに3点目を奪い、守備もしっかり追加点を許さず見事初戦を突破することが出来ました。松尾君はハットトリックの大活躍です。
 

f:id:sashiogisoccer:20150208234930j:plain

 
この試合の後心配していた雨が降り出し、徐々に雨足も強くなり寒さも厳しく、またグラウンドコンディションも悪くなってきました。そんな中Aチームが与野八幡とのゲームに臨みました。
 
やはり実力の拮抗した一進一退のゲームとなりましたが、前半に1点を先制されてしまいました。その後は同点に追い付くべく果敢に相手ゴールに攻め込みましたが、残念ながら得点を挙げることが出来ずそのままタイムアップ、惜しくも初戦敗退となりました。
 
雨の中泥まみれになって走り回った子どもたちには残念な結果となりました。Aチームの試合も詳しくレポートしたいところなのですが、悲しいことに同時刻に隣のコートで審判を担当しなければならず、試合を観ることが出来なかったため、様子がよく判りませんでした。
 
ただ、様子が気になり審判をしながら隣のコートをチラ見しておりました。なので何度かオフサイドを見逃している気が…。もちろん冗談ですが。
 
Bチームは11日、宝来グラウンドで2回戦を戦います。今日の気持ちでゲームに臨むことが出来ればきっと良い結果に繋がることでしょう。
 
雨の中頑張ってくれた選手の皆さん、そして同じく雨の中、会場の設営・子どもたちのサポートさらに審判を務めていただいたご父兄の皆さま、ほんとうにお疲れさま、そしてありがとうございました。
 
そんな訳で午後の6年生の練習は天候不良のため中止となりましたが、4年生以下は午前中元気に練習を行いました。今は一年で一番寒さが厳しい時季ですが、子どもたちはサッカーをしてる間はそんな事は気にならないようで元気に練習に参加しています。
 

f:id:sashiogisoccer:20150208235027j:plain

 
ただ、まだまだ寒い日が続きます。風邪など引かぬよう体調には充分注意しましょう。
 
来週も元気にグラウンドで会いましょう!
 
広告を非表示にする